ぼちぼちこつこつ

できる範囲のことを ぼちぼちこつこつとやっていきます

日常

PayPalのアカウント作成時にパスワードの設定でハマった話。パスワードに使ってはいけない記号が存在するようです

投稿日:2021年1月4日 更新日:

ネットで買い物して決済する時に新規の取引先に、利用頻度も高くないのにクレジットカード情報や時には住所などの個人情報を登録するのはあまり気持ちのいいものではないということでPayPalというネット決済サービスに登録することにしました。

もっとも、PayPalにも個人情報を入力しないといけないですが複数サイトに支払情報を登録するよりリスクは少ないと判断しました。

 

しかし、その登録時に設定するパスワードで少しハマってしまいましたので、もしかしたら他にもハマっている方がいるかと思い記事を残すことにしました。

なお、この記事は2021年1月4日時点での話ですので、もしかしたらこれが読まれる時には事情が変わっているかもしれないことをご承知おきくださいませ。

 

パスワード設定時には色々な記号を使ってもエラーが出ない

PayPalのアカウントを作成するためにSMS認証や個人情報入力などを済ませ、ログインパスワードを設定する項目がありました。

支払いに関するアカウントですし、普段より記号やアルファベット大文字小文字も色々混ぜつつ長めのパスワードを設定しました。

ちらっと調べたところ、PayPalの公式に「PayPalのパスワードは、数字または記号(!@#$%^など)を1つ以上含む8~20文字にする必要があります。」という記載があり、記号も

(!@#$%^など)

と書いてあるため、例として記載されている記号以外も使っていいのだと勝手に判断し(結果的にはこれが思い込みでしたが)様々な記号を使ってパスワードを設定しました。

この時にはエラーなどが出ることもなく、アカウント作成も完了してそのままPayPalのサービスが利用できるような状態になったため、クレジットカード情報の登録を済ませました。

ちなみにその時の入力画面の様子は以下のようなものでした。

パスワード入力欄にエラー表示などは出ておらずそのまま次へのボタンが押せました。

 

ただ、この時点では気づいていなかったのですが、アカウント作成時にメールアドレスを入力することになっており、そのメールアドレス宛にPayPalより「メールアドレス確認のお願い」という件名の確認メールが来ており、こちらで実在するアドレスかどうかを確認する作業が必要だったようです。

しかし、上にも書いたようにこの作業をしなくてもクレジットカード情報の登録などはできてしまいます(アドレス確認無しで実際の支払い手続きまでできるかどうかは今となっては不明です)。

 

私はここまで手続きを終えた時点で、PayPalへのログインができるかを確かめるために一度ログアウトして、アカウント作成時に入力したメールアドレスとパスワードでログインを試みたところ

「お客さまの情報の一部が正しくありません。再度お試しください。」

というメッセージ(下画像)が表示されログインできないのです。

私はパスワード管理ソフトを使っているため、アカウント作成時もそのソフトからパスワードをコピペして入力したため「コピペの操作をミスったかな・・・」と思いもう一度試してみましたが同じエラーメッセージが出てログインできません。

こういったサイトに登録する際は、記録を残すために登録の様子を画面キャプチャで録画するようにしているのですが、それを見返しても特に間違った操作はしておらずパスワードも正しく入力されてはいるようです。

 

パスワードの再設定を試みるもエラーが出てしまう

そこでログイン画面の「ログインできない場合」というところをクリックすると「パスワードをお忘れですか?」という大きな文字が現れて新しいパスワードを発行できるかのような画面が出てきました(下画像)。

メールアドレスを入力して次にというボタンをクリックするようになっていましたが、すでにログインには成功していたためか、アカウント作成時に入力したアドレスが自動的に入力されていたため、そのまま次へをクリックするとしばらく「処理中」という文字が表示されたあとに

「申し訳ございませんが、ご本人様の確認ができませんでした」

というメッセージが(下画像)。

なんだか嫌な予感がして入力したメールアドレスに来ているメールをチェックすると「メールアドレス確認のお願い」というメールが来ているのにこの時点で気付きました。

つまり、メールアドレスの確認が済んでいないため、PayPal側からしたら入力したメールアドレスが私が使えるものか確認できていないのでパスワードの再設定もできないというわけなのでしょう。

そこで、今更ながら「メールアドレス確認のお願い」というメールの指示に従ってメールアドレスの認証をしようとすると、そこでも「パスワードを入力してメールアドレスを確認してください」とメッセージが出てきました(下画像)。

「このパスワードがうまくいかないから困っているのに・・・」と思いつつダメ元でパスワードを入力すると、当然のように「お客さまの情報の一部が正しくありません。再度お試しください。」というメッセージが。

 

仕方がないのでログイン失敗後の画面に出る「お問い合わせはこちら」というところをクリックしてサポートを受けようとしたところ、問い合わせ先の電話番号が表示されたのはいいのですが、平日の9:00から18:00ということでした(下画像)。

タイミング悪く、作業をしていたのが夜でしたので読み進めると、その他の問い合わせ方法としてヘルプセンターへのリンクがあったためクリックしてみました。

するとパスワード再設定に関する項目があり「パスワードリセットページ」なるものがあることを発見。なんとなく嫌な予感がしながらもそのページへのリンクをクリックすると、予想通り「パスワードをお忘れですか?」という一番最初に試みてうまくいかなかったページが表示されました。

一応メールアドレスを確認した上で「次へ」と進めてみたのですがやはり冷たく

「申し訳ございませんが、ご本人様の確認ができませんでした」

というメッセージ。

その後も何度かログインを試みたり無駄な悪あがきをしていたらとうとう

「入力回数が多すぎるようです。あとで再度お試しいただくか、パスワードをリセットしてください。」

というメッセージが出てしまいました(下画像)。

いろいろ試していたら、アカウントがロックされてしまったようですね。

 

サポートに電話して解決。パスワードに使える記号は限られている

仕方がないので翌日の日中にサポートに電話してみました。

エラー画面から辿っていくとフリーダイヤル「0120-271-888」という番号が表示されていたのでそこにかけてみると、携帯電話や海外からは使えないようでガイダンスで「03-6739-7360」という番号を案内されました。こちらの番号もはじめから表記してもらえるとちょっとありがたいかもですね。

 

ガイダンスに従って登録した電話番号などの質問にプッシュボタンで回答していくと、アカウント作成時に入力したメールアドレスにパスワード再設定できるページヘのリンクが書かれたメールを送信したとのガイダンスが流れたので、メールを確認すると「PayPalパスワードをリセットしてください」というメールが来ていました。

(大変申し訳無いですが、ここからの様子は画面キャプチャを忘れていたので表示されたメッセージなどの内容が正確にわからなくなってしまいました。)

「まさかまた昨日と同じようなパターンでリセットできないのでは・・・」と思いつつも、有効期限が10分と短いため早速リンクをクリックすると新しいパスワードを入力する画面が!

やっとパスワードの再設定ができた・・・と喜びつつ、慎重にパスワードを入力(というかパスワード管理ソフトからコピペ)。

今度は使う記号もちょっと控えめにして1種類だけにしてみました。

ところが、再設定の決定をするボタンを押したところ、エラーが出ました(不覚にもエラー内容は完全に失念)。

「あれっ?」と思いつつもう一度パスワードリセットのメールのリンクをクリックすると、一度しか有効でないリンクのようで

「お客さまのパスワードをリセットするためのワンタイムセキュリティコードが期限切れになりました。」とのメッセージが(下画像)。

仕方がないのでもう一度サポートに電話をして同じように電話番号などを入力してパスワードリセットのメールを再送信してもらい、今度は記号をなしにして、英数字のみのパスワードを設定してみたところエラーが出ることもなく、そのパスワードを使ってログインしてみたところ無事にログインできました。

上にも書きましたがパスワードは「PayPalのパスワードは、数字または記号(!@#$%^など)を1つ以上含む8~20文字にする必要があります。」と記載のある通り「数字または記号」とあるので、やはり記号は必須ではないようですね。

 

しかし、パスワードには記号を入れた方がセキュリティ的にはいいかと思いますので、もう少しだけ調べてみることにしました。

PayPalのマイページにてもう一度「!@#$%^」以外の記号を設定しようとしてみたところ、

パスワードに含められるのは、文字、数字、及び「!@#$%^&*()」の記号です。

という警告が(下画像)。

今回もアカウント作成時と同じように、パスワード管理ソフトからのコピペをしましたので入力時の条件は同じだったので、新規アカウント作成の時は使用可能文字チェックが少し甘いのか、アカウント作成時はコピペで文字列を貼り付けるとチェックされないのか・・・。

とにかく、これで使用できる記号がやっと判明しました。

 

まとめ

PayPalのアカウント作成時に気をつけることとして

・アカウントを作成したらまずは登録したメールをチェックして、メールアドレス確認作業を済ませる。

・パスワードには数字または記号   !@#$%^&*()   を1つ以上含む8~20文字にする。

この2つではないかと思います。

とはいえ、なかなか上記2つの条件に引っかかってしまった人はいないかもしれないので、単なる体験記として読んでいただければと思います。

改めてPayPalのサポート電話番号を書いておきます。

 

固定電話からは  フリーダイヤル  0120-271-888

携帯電話からは  03-6739-7360

 

なおしつこいですが、2021年1月4日時点での情報ですのでPayPalのシステムの変更などで状況が変わっているかもしれないですし、何か私が壮大な勘違いや思い込みや操作ミスなどをしている可能性も捨てきれません。ご了承くださいませ。

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

PC記事下336x280A




PC記事下336x280A




関連記事

一人10万円支給の特別定額給付金、オンライン申請をしてみた。実際の申請画面も紹介。PCとスマホの違いや注意したことも。

一人10万円が支給される特別定額給付金。 私の自治体でもオンライン申請がスタートしたので申請してみることにしました。 私はe-Taxによる確定申告を毎年しているため、マイナンバーカードとPC用のカード …

一人10万円給付の特別定額給付金。よくあるミスや書類不備をまとめてみました。

全国でオンライン申請や郵送申請が始まった特別定額給付金ですが、ニュースなどで報じられているように、申請での不備があって給付作業がスムーズに進まないことが多いそうです。 せっかく手間をかけて申請したのに …

厚生労働省から「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」という書類が届いたのが詐欺ではないかと疑った話。判別方法も考察してみた。

先日、厚生労働省より郵便が届きました。 ここ最近、持続化給付金の手続きを取っていたのでそれに関する書類なのかな、と思いながら開封してみるとどうやら様子が違っています。 はじめに ~統計調査に関するお詫 …

-日常
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

サイドバートップ