ぼちぼちこつこつ

できる範囲のことを ぼちぼちこつこつとやっていきます

将棋

先手での初手30通りのソフト評価値を調べてみた

投稿日:

振り飛車の評価がソフトでは低い?

将棋ウォーズや将棋クエストで対戦した後にはいつも初手からソフトを使った検討をしています。

そして、それをやっていて毎回思うことがありました。

「中飛車をやろうとすると必ず評価値が悪くなるな・・・」ということです。

僕の場合は今のところ中飛車しか指さないので先手での初手は5六歩と決めています。

先手というだけでやや有利と言われている将棋ですが、初手5六歩を突いた瞬間にその有利は吐き出され評価値はマイナスに。

それを見るといつも「損しているような・・・」という気になってしまいます。

とはいえ、ネットなどで振り飛車について勉強していると「振り飛車の評価値が序盤で不利なのは仕方がないので受け入れましょう」というのをよく見るので、今はそういうものだと納得するようにしています。

さて、今日もソフト検討をしながら評価値を見ていたのですが「▲5六歩は評価値マイナスになるけど、他の手はどうなんだろう?恐ろしく評価値が下がる手はあるのかな?」と疑問に思ったので調べてみました。

利用する思考エンジンは、現在たまたまインストールしてある「GodwhaleChild-5.0.5 KPPT 4.80」と「YaneuraOu 2018 T.N.K.(dolphin)」というものです。

 

先手初手評価値 GodwhaleChild 編

ではまずGodwhaleChildでの検証です。

 

評価値順位(30位中) 指し手 評価値
1 7六歩 55
2 1六歩 37
3 2六歩 34
3 3八銀 34
5 7八金 32
6 4八銀 28
7 6八玉 23
8 9六歩 18
9 5八玉 3
10 3六歩 2
11 3八金 -1
12 7八銀 -4
13 6六歩 -6
14 4六歩 -7
15 4八金 -10
16 5八金右 -18
17 6八銀 -34
18 6八金 -46
19 5六歩 -48
20 7八飛 -71
20 4八玉 -71
22 6八飛 -85
23 5八飛 -102
24 5八金左 -127
25 9八香 -130
26 1八飛 -133
27 3八飛 -135
28 4八飛 -136
29 1八香 -145
30 8六歩 -171

 

評価値1位は7六歩と角道を開ける手でした。

「1位は角道を開ける7六歩か飛車先を伸ばす2六歩だろうなー」と将棋ド素人の僕でもなんとなく予想していたので納得の結果です。

しかしながら評価値2位が1筋の歩を突く1六歩でした。

もっと深く読ませれば変わってくるかもしれないですが、7六歩と2六歩がぶっちぎりで1位・2位かと思っていただけに意外でした。

3位は僕的本命の2六歩。これは大納得です。

さて、ここまでがベスト3ですが、一つ一つの手について解説できるほどの棋力はないため、気になったものだけ書いていきます。

1八香・9八香と香車をひとつだけ上に上げる手の評価値が低いのはなんとなくわかります。

穴熊にするにしても少し早過ぎますしね。

しかし、その悪手と同じくらい評価値が低いのが初手で飛車を振る手です。

1八飛と端に飛車を振る手が悪いのは何となく僕でもわかるのですが、袖飛車と言われている3八飛と右四間飛車と言われている4八飛が9八香より評価値が悪いとは驚きです。

さらに意外だったのが、過去に「中飛車は初手で5八と振ってしまいましょう」という記事を見たことがあるのですが、その5八飛ですらソフト的には悪手の扱いとなっていて振り飛車を指している僕としては少し残念な気分になったりしました。

では最後に一番評価値の悪かった手を見てみると、角頭の歩を突いていく8六歩でした。

たしかに対局していても指された記憶がない手です。

しかしながら「初手8六歩」で検索してみると指している方もいるようなのでこれまた意外でした。色々な指し方があるから将棋は面白いですね。

 

先手初手評価値 YaneuraOu 編

では続いてもう一種類の思考エンジンYaneuraOuでも先手の初手評価値について検証してみました。

 

評価値順位(30位中) 指し手 評価値
1 7八金 57
2 7六歩 55
3 2六歩 32
4 3八銀 24
5 5八玉 23
6 1六歩 14
7 4八銀 12
8 3六歩 11
9 4八金 10
10 6八玉 4
11 9六歩 -2
12 6八銀 -3
13 5八金右 -24
14 5六歩 -25
14 7八銀 -25
16 3八金 -37
16 6八金 -37
18 4八玉 -38
19 4六歩 -45
20 6六歩 -51
21 6八飛 -113
22 5八飛 -120
23 7八飛 -125
24 5八金左 -136
25 3八飛 -145
26 4八飛 -148
27 1八香 -150
28 1八飛 -173
29 9八香 -175
30 8六歩 -194

なんと、こちらの結果では1位が7八金となりました。

たしかにGodwhaleChild編でも評価値5位にランクインしていたりしてソフト的にはいい手なのかもしれないですね。

「初手7八金」で検索してみると駒組みが限定されてしまい人間的には良くない手という記述を見ますのでそうなのかもしれないですが、ソフト的には指しやすいのかもしれないですね。面白い結果だと思いました。

2位は7六歩、3位は2六歩と安定した結果でしたね。

さて、気になる飛車を振る手ですがやはり軒並み評価が悪いです。

が、1筋に飛車を振る1八飛以外は香車を1つ前に出す手よりは評価が高くて少しホッとした感じですが、それでも軒並み低い評価のため気休め程度の評価値アップですね。

そして、最下位はこちらも8六歩でした。

ソフト的な先手初手の好手1位は思考エンジンによって違ったり評価値が僅差だったりで今回の検証では決められませんでしたが、どうやらワースト1は8六歩な感じですね。

 

とはいえ、初手評価値はあくまでも参考に

今回はソフトでの先手初手の評価値を調べてみたのですが、思考エンジンも2種類しか使っていませんし、当然読みの深さで評価値は変わってくるので今回の結果はあくまでも参考値となります。

ご了承ください。

指し手を30手に増やしてソフトに読ませるとうちの低性能パソコンが悲鳴を上げてしまい、なかなか深くまで読ませられないため20億ノード程度で終わらせてしまいました。

高性能なパソコンを使う機会があったら、思考エンジンなども新しいものに変えた上でもう一度検証してみたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

PC記事下336x280A




PC記事下336x280A




関連記事

将棋ウォーズ3級から昇級するための課題

将棋ウォーズ3級まで来たものの・・・ 将棋ウォーズで対局を始めたのがいつだったか正確な記録が残っていないのだが、検討のために保存してある最古の棋譜の記録が2018年の5月中頃なので、将棋ウォーズ歴は2 …

自分の角のラインすら見逃すとは・・・

納得の行く負け方 今日は将棋ウォーズを3戦して1勝2敗でした。 1戦目は3級の方が対戦相手で、相手の方が中盤でうっかり金をタダの位置に移動してしまって、それを取った瞬間に投了をされたので「あれっ、もう …

1手詰を2度も逃してしまう

終盤力の弱さがモロに出た 将棋ウォーズで2級に昇級してから初めての対局。 今までよりも強い方々との対局が増えると思うとなんとなく緊張してしまいます。 そんな中、いつものように3局対局したのですが結果と …

棋力向上を意識しながら指してみて分かったこと

将棋の勉強法を決めて実践してみて一週間 前日の投稿で自分の将棋の弱点を解析して、将棋の勉強法を考えてみて一週間ほど経ったわけです。 勉強法を改めてまとめると 1.奇襲でやられることも多いので、奇襲対策 …

久々に超急戦をやってみたら悲惨な結果に

いつもは閉じる角道を開けてみたら・・・ 普段は対局が開始すると先手でも後手でも中飛車にして、まずはとにかく5五に歩を進める指し方を目指しています。 そして、角道も通せるととりあえず一安心な感じなのです …

-将棋


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です